七等星
スポンサーサイト 
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水滸伝 1~13巻(全19巻)/北方謙三 
2005.10.26 Wed
今のところ13巻まで読了。

水滸伝=108人の仲間 なイメージだったので、登場人物の名前
覚えられるのかなと不安になりながら読み始めたけど面白い!
似たような名前が多くてなかなか覚えきれないものの
巻頭に登場人物一覧が載ってるので、本文読みつつ
時々登場人物紹介に戻りつつで問題無く読み進めました。

出てくる仲間が皆漢前です。格好良すぎる…!
格好良いって言うと軽い感じがして違う気がするなぁ。
何て表現すればピッタリなんだろう。
とにかく『漢!!』って感じです。
戦のシーンとか読んでて燃える!血沸き肉踊るですよ。

でもって託児所状態の王進先生が好きです。
林冲と公孫勝の小学生男子みたいな遣り取りも楽しい~。
あと出てくる料理が美味しそう。じゅる。
『魚肉の饅頭』やら『豚肉を煮たもの』やら
それだけの簡素な描写なのに何でこんなに美味しそうに見えるんだ!
内臓やら血が入ってるのはあんまり食べたいとは思わないけども。

あまり華美じゃない文章で、読み易くて好きです。


好き登場人物
・公孫勝 梁山泊一のツンデレてなイメージ。ツンデレ大好き!デレ部分が無いのでむしろツンな気もする。
・李逵 純真。周りを和ませる純真さです。何この可愛い人!

他にも燕青、王進先生、魯智深、安道全、楊志、楊林、
韓滔、石秀、秦明、宣贊、湯隆、登飛と
挙げだしたらキリが無いくらい好きな人が多すぎる…さすが108人。
石秀はかなり泣ける…ううう(ノ△T)
上記以外の人も好きです。みんな漢前なんだもんな!
スポンサーサイト
  管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://starmap.blog26.fc2.com/tb.php/14-07c4364c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。