七等星
スポンサーサイト 
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LIVE2006~男たちへ 女たちへ 大人たちへ~ 馬場俊英/大阪フェスティバルホール 
2006.12.08 Fri
仕事帰りに馬場さんのライブに行ってきました!
05年の風に吹かれて、06年のサウンドマリーナ&風に吹かれてと
馬場さんを見る機会はちょくちょくあったけど、
今年の風に吹かれてがとっても良くて
今回のライブ取ったのです。ワンマン初でわくわく。
※以下MCはメモってなくて曖昧な記憶頼りなので
ニュアンス違う部分もきっと多数。

ライブ前には特設の「スターババックスバー」で
ワインを美味しく頂きました。マイウー
その後ライブが始まり、最初のMCで
「本当はここで皆で乾杯!したかったけど
持ち込み禁止なので今回の形式になりました。
みんなでお腹に手をあてて乾杯しましょう」
てな事を言ってしょっぱなから癒し系炸裂(*´д`*)
ちゃんとお腹に片手を添えて皆で「かんぱーい」コールしましたよ!
馬場さんの人柄なのか、会場もあったかい雰囲気。

私は新米ファンで最新アルバム曲くらいしか知らなかったんですが
中盤で歌った「鴨川」がとっても良かった~。
「僕の事を好きだったあの頃の君に会いたい」
みたいな歌詞は何だかじんわり来ました。
現在鴨川アルバム取り寄せ中なので
またゆっくりライブで聴きたいな。

馬場さんはプロデビューして、途中で一回インディーズに戻って、
その後再びプロに復活したって経歴なんですが、
インディーズ時代の話をMCでして
「ウェブから沢山の人がCDを申し込んでくれた。
ガムテープで封をして、纏めて郵便局に持って行く時に
『これを出せば、曲を聴いてもらえるんだ』と思ってわくわくした」
って件のとこで思わず涙腺緩み気味に。

その時点でもヤバかったのにその後のアンコールでのMCにて
「沢山の出会いがあって、その度に沢山の力を貰いました。
まだ歌えるんだ、まだ歌っていいんだ・・・」
涙を堪えて語る姿に、おおおおやばい涙腺決壊警報!
って隣で相方もう泣イテルー?!


はい 号 泣 ・゚・(ノД`)・゚・。


その後の君の中の少年はボロ泣きしながら合唱しましたとも!
ずっと目標だった野音でのライブが決定しました!の告知の後で
「この街のどこかに今もあの日の夢が眠らせてある」は
反則だと思うのね…!そりゃ泣いちゃうぜ。
優しくって穏やかな馬場さんの歌声が一層あったかく優しく聞こえて、
とっても素敵なライブでした。
ええ勿論来年の野音も行きますとも(´ω`)馬場さん大好きだっ。


以下セットリスト。

つづきを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。